脱毛サロンでの豆知識 脱毛サロンを活用するために
脱毛サロンに関する豆知識
脱毛サロンを利用できない条件
たいていの脱毛サロンにおいて、まず大前提として健康状態が良好であることが脱毛を行う上での条件となっています。風邪をひいた場合や薬を服用している場合、持病がある人や予防接種を受けた後などは脱毛を断られる可能性があります。もし脱毛サロンの規定上は脱毛可能であったとしても、やはり脱毛は身体に負担をかける行為ですのでなるべくなら控えたほうが良いでしょう。脱毛サロンによっては担当医や薬を処方した医者の許可が必要な場合もあります。
また病気とは異なりますが、ホルモンバランスが安定していない妊娠中や授乳中の場合は基本的にどの脱毛サロンでも脱毛はできませんし、同様の理由で生理中やピルを服用している場合、また生理がまだ安定していない可能性から中学生以下の場合も断られることがあります。
そして日焼けをしてしまった場合ですが、これは程度により脱毛が可能な場合とそうでない場合があります。しかし日焼けをした肌というのは炎症を起こしているような状態ですので、肌のためを思うのであれば脱毛は控えたほうが良いでしょう。日焼け以外でも、元々かなり色黒であるという人の場合はメラニン色素に反応して光が拡散されて脱毛効果が低くなったり、逆に過剰に反応してやけどしてしまったりする危険があるため断られる可能性があります。またタトゥー(刺青)やホクロ、傷跡がある箇所も同様です。他にも白髪や茶髪などの色素の薄い毛の場合は、光脱毛やレーザー脱毛では脱毛することができません。